死んだはずの彼女~彼女でない”何か”に犯されて~ [背徳堂]

死んだはずの彼女

『死んだはずの彼女~彼女でない”何か”に犯されて~』は、サークル「背徳堂」が2022年3月に発売したアドベンチャーゲーム。久しぶりに帰省した主人公が出会ったのは2年前に亡くなった最愛の彼女。死んだはずの彼女がなぜ普通に暮らしているのか。更には友人や身の回りの人までもが彼女が亡くなったことを憶えていない様子で、主人公には様々な選択肢が迫られるホラーテイストなゲームとなっています。

死んだはずの彼女に迫られ…!

彼女のお墓参り
彼女のお墓参りをする主人公
死んだはずの彼女
死んだはずの彼女が…!

主人公の記憶には確かに存在する彼女が亡くなったという記憶。しかし、友人や彼女の母親すらも彼女が生きているという認識で、主人公の目の前に現れる彼女「里沙」。仕草や口調も変わらず何事もないように自室に居る彼女を見て涙する主人公。

しかし、いきなり彼女からキスを求められ、どんどんと下半身へと積極的になっていく彼女にムラムラしがらも違和感を感じる主人公。最愛の彼女であり、2年も会ってなかったという中で彼女に肉棒を頬張れたら我慢できるわけもなく…。

物語の中では随所に選択肢が用意されており、誤った選択肢を選んでしまうと異なるルートに進んでゆくことになります。しかし、どこでもセーブが可能な親切設計のため、大事な選択肢のシーンで不安が残る場合はこまめにセーブするのがおすすめです。

悪寒を感じられるホラーテイスト!

祠の前で選択肢
選択肢によってルートが変わる
ホラー要素
ゾクッとする瞬間あり!

主人公の心理描写を細かく伝えてくれるため感情移入でき、引き込まれる文章でどんどんと物語を進めていくことが出来ます。「里沙」の姿をした彼女は、本当の里沙なのか。それとも里沙以外の何かなのか。愛する彼女を亡くした主人公が夢にまで見た現実の彼女を鵜呑みにしてしまうのかという葛藤が非常に感じられます。

特に彼女に問い詰めるシーンでは、ニコニコしていた彼女がいきなり真顔になったりとしっかりとした背筋をゾッとさせるホラー感を味わうことが出来ます。相手は得体のしれない何かという気持ち悪さ、不安とエロとの相性が抜群。

ホラーエロゲのおすすめ作品
ホラーエロゲのおすすめ作品
おすすめのホラー要素のある同人エロゲームをご紹介していきます。ゾンビや幽霊と言った恐怖の対象から襲われるゲームやおばけのような不思議な女の子とエッチなことをしちゃうというようなゾクゾクするようなゲームまでまとめましたので […]

揺れるエッチシーン!

彼女からのいきなりのフェラ
ドエロイ彼女のフェラ
エッチシーン
欲望と理性の間でもがく主人公

彼女とのキスに始まり随所で見られるエッチシーンはホラーとの恐怖感とも相まって非常にエロく感じられます。物語を進めていくと見られる性行為シーンでは女体が揺れるエッチシーンとなっており、実用度は1枚絵よりも高めとなっているのが嬉しいところです。

エッチの内容は製品概要欄にも書いてある通りフェラ、パイズリから騎乗位、立ちバックなど一通り彼女とのエッチを見ることが出来ますが、肝となるのがそのシチュエーション。最初こそ彼女と思って愛し合う二人ですが、後半では逆レ●プ要素が強くなり、男性である主人公側が抵抗しようとも組み伏せられる状況となってしまいます。

さらに本作で登場するヒロインは二人。2年前に亡くなった彼女である里沙と、神社を管理している強面でありながら巨乳タンクトップという暴力的にエッチな「一ノ瀬」さん。成り行きで一ノ瀬さんとのエッチシーンも見れるのは非常にGood!全体的にプレイヤーがマゾ属性を持っていると楽しくプレイできる作品だと感じました。

作品情報
死んだはずの彼女~彼女でない"何か"に犯されて~
サークル名:背徳堂

コメントを残す

*